リウマチセンターとは

関節リウマチ(RA)はその患者数が全国で70万人以上と推定されるCommon Diseaseです。近年生物学的製剤が導入され、RAの薬物治療は以前と全く異なるものとなりました。そのため、RAを早期に診断して強力な抗リウマチ薬や生物学的製剤を使用し、速やかに寛解を目指す治療戦略が世界的に標準化されようとしていますが、その実践とデータ採取、解析には、専任のセンターなくしては実現困難です。一方薬物治療が進歩した現状でも手術治療を必要とする患者さんは多く、また生物製剤使用下での手術の有効性と安全性についてはこれからエビデンスを構築していかなければなりません。
 

お知らせ

2017/01/17

3月9日(木)に第17回リウマチ教室を開催します。 詳細はこちら

2016/12/26

KURAMAコホート発表論文(2016年)を追加しました。
詳しくはこちら

2016/12/21

日経デジタルヘルスにKURAMAコホートの取り組みが、京大病院の医療データの有効的活用事例の一つとして紹介されました。
★日経デジタルヘルス リンク(記事の詳細をご覧になる場合、日経IDの取得が必要となります。)

2016/11/07

11月7日から「あなたのリウマチレポート」を配布しています。
詳細はこちら

2016/10/27

『京大リウマチ通信第17号』を刊行しました。 こちらからPDFがご覧いただけます。

0
 

最新ニュース

2016年11月

リウマチセンターでは、当センターに通院しているリウマチ患者さんに対して、年に1回「あなたのリウマチレポート」を配布しています。
詳しくは、下記配布ポスターをご参照ください。
リウマチレポート配布ポスター

2016年4月

5月中旬より第5回リウマチ調査が始まります。
みなさまのご協力とご理解をいただきますようお願いいたします。

第5回リウマチ調査 ポスター

0
 

お問い合わせ

京都大学医学部附属病院 リウマチセンター
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
TEL: (075)751-3111 [代表]