医師紹介

在籍中の医師

田中真生

Tanaka Masao

特定准教授

基本領域:内科

内科医として関節リウマチの診療に携わり20年近くになります。その間に治療法は目覚ましく進歩し、適切な時期に適切な治療薬を用いれば、関節の破壊・変形を防ぐことも可能になりました。それでも治療困難な場合、変形した関節のために手術を要することも少なくありません。当科では内科・整形外科医師と、看護師、薬剤師、かかりつけ医の方々と協力し、関節リウマチをはじめリウマチ性疾患の治療から療養にわたる患者支援を追究したいと思います。

大西輝

Onishi Akira

特定講師

基本領域:内科

コメント準備中。

村田浩一

Murata Koichi

特定助教

基本領域:整形外科

整形外科医としてリウマチ性疾患の診療にあたっています。生物学的製剤や分子標的薬と呼ばれる薬物の治療も行っています。薬物療法が残念ながらうまく効かなかった患者さんに対して、装具療法、リハビリテーションを行うとともに、機能を回復するための手術も行っています。リウマチ性疾患の患者さんは免疫や骨が弱いことも多く、これに対応した関節手術や脊椎手術をできるだけ低侵襲になるように行っています。

藤井貴之

Fujii Takayuki

特定助教

基本領域:整形外科

コメント準備中。

鬼澤秀夫

Onizawa Hideo

特定助教

基本領域:内科

コメント準備中。

村上孝作

Murakami Kosaku

特定准教授

基本領域:内科

がん免疫総合研究センターの特定准教授として所属していますが、主に関節炎の臨床・研究を行っています。治療薬の発展に伴って、関節の炎症や変形は制御しやすくなったと言われていますが、他の病気や生活習慣が関節リウマチの病勢にも少なからず影響を及ぼすことが分かってきています。そのメカニズムについて基礎研究レベルで解明するだけでなく、実際の診察でもトータルケアの観点から取り組むよう心がけています。

山本奈つき

Yamamoto Natsuki

研究員

基本領域:内科

リウマチ・膠原病患者さんのための妊娠相談外来担当

「リウマチ・膠原病があっても妊娠できるだろうか?」「薬を続けて大丈夫だろうか?」多くの患者様が不安に思われると思います。当外来では、患者様の治療内容と病状を評価した上で、妊娠における注意点を丁寧に説明し、妊娠に向けての計画作りを行っています。妊娠前~授乳中まで通院される方も相談のみの方もおられます。患者様とご家族が少しでも安心して納得して妊娠と治療を両立できるよう産科と協力してサポートさせていただきます。

田淵裕也

Tabuchi Yuya

研究員

基本領域:内科

強直性脊椎炎や乾癬性関節炎に代表される脊椎関節炎(SpA)は付着部を起点するリウマチ性疾患のグループで、欧米では関節リウマチと同程度の患者さんがおられますが、本邦では稀な疾患と考えられていました。しかし最近では我が国でも患者さんの数は従来考えられていたよりも多く、また欧米に比べて非典型例が多いことが分かってきました。一方で未だ適切な診断・治療に至っていないケースが多いのが現状です。当方ではマウスモデルでの研究から臨床研究まで各種のアプローチでSpAの病態解明と適切な診療を目指しており、さらに、これら知見を他のリウマチ性疾患の診断と治療に応用する研究も行っております。リウマチ性疾患の診療の進歩に少しでも貢献できますと幸いです。

過去に在籍した医師

三森 経世みもり つねよ
  • 初代リウマチセンター センター長(2011~2017年)
  • 京大病院 免疫・膠原病内科 名誉教授
  • 現 医仁会武田総合病院 院長
藤井 隆夫ふじい たかお
  • 元リウマチセンター 特定准教授、特定教授(2011~2015年)
  • 現 和歌山県立医科大学附属病院 リウマチ・膠原病センター 教授/センター長
伊藤 宣いとう ひろむ
  • 元リウマチセンター 特定准教授、特定教授(2011~2021年)
  • 現 倉敷中央病院 整形外科 主任部長
橋本 求はしもと もとむ
  • 元リウマチセンター 特定助教、特定講師(2011~2021年)
  • 現 大阪市立大学 膠原病・リウマチ内科 教授